企業がリードし社会課題解決を目指す!CSW事業発表(イトーキ×リバースプロジェクト 共同事業発表会レポート)

2016/07/20 インタビュー&レポート

株式会社イトーキと伊勢谷友介代表が率いる株式会社リバースプロジェクトがタッグを組み、なんと共同事業を開始!

今回共同で立ち上げる「CSW事業」は、「人も活き活き、地球も生き生き」を理念とするイトーキと、「人類が地球に生き残るために」を理念とするリバースプロジェクトが志を共有して立ち上げるもので、多くの企業や人々に参画を願い、ともに新しい未来をつくるため、社会課題を解決する事業を行おうとするものです。

2016年6月21日、イトーキ東京イノベーションセンターSYNQAにてその発表会が開催されました。ここではその様子をレポートいたします。

社会課題解決は新たなビジネス領域

まずはイトーキ代表取締役社長 平井嘉朗氏、そしてリバースプロジェクト 伊勢谷氏による挨拶。CSW事業のビジョンについて語りました。

平井社長は「目指すべき社会に向けた新しい価値を世の中に提供していく、イトーキ創業の志を引き継ぐ事業」、

伊勢谷氏は「グローバル社会にとって、社会課題解決は新たなビジネス領域。それをこの事業で実現したい」と述べました。

「CSW」とは企業・社会・未来に向けた志を表す

その後は伊勢谷氏と、リバースプロジェクト共同代表 亀石太夏匡氏、イトーキCSW事業部プロデューサー 戸田裕昭氏の3人によりCSW事業の解説が行われました。

そもそも「CSW」とは、Corporate、Social、Will の頭文字を取り、企業、社会、未来に向けた志、という3つの言葉を重ね合わせたものだそう。その進め方について、まず伊勢谷氏から説明がありました。

CSW事業ではA、B、Cの3つのステップが想定されており、ステップAでは人を育てるための教育研修プログラムの開催、ステップBでは社会課題解決型の新規事業を生み出すためのプラットフォームづくり、そしてステップCでその事業を実現していきます。

次にステップAについて亀石氏から説明。

ここで実施される教育研修プログラムは志をもつ・形にする・価値にする・届ける・実現するという5つのプロセスで進めていき、早ければこの秋にも第1回目のプログラムを開催する予定だそう。

ステップBのプラットフォームづくりについては、戸田氏から説明。

まずは企業とのコラボレーションの土台をつくるため、「働く環境向上」をテーマに、イトーキがさまざまな企業とコラボします。

たとえば「OFFICE de YASAI」とコラボする、オフィスに野菜やフルーツを届けるサービス。

これをさらに発展させ、規格外野菜を取り入れてフードロス問題の解決を図ったり、自宅に届けるサービスで働く女性の応援をしたり。

この「OFFICE de YASAI」を運営する株式会社KOMPEITOさんも、なんとトマトの被りもので応援に駆けつけてくださっていました!

ちなみにこちらのお野菜は出席者全員にお土産として配られ、私もいただきましたが、とても新鮮で美味しかったです。

また「全日本制服委員会」とコラボし、企業の制服をエシカル素材にし、さらに価値あるものに変えていくプロジェクトも進めていくそう。

今回の記者会見で伊勢谷氏と平井社長、戸田氏が着用していたのはCSWオリジナルスーツ。

細部までデザインされたスーツを三人ともとてもかっこよく着こなされていました。

そして亀石氏から最後のステップCの説明。

目指す社会への価値共創事業を実現するためには、さまざまなハードルが想定されます。

さらに1社だけではなく、複数の企業や団体とコラボレートする必要も。

これらのハードルをのり越えるには、参加する企業がコミットメントをする力がもっとも大切だそう。

CSW事業チームは、実現のためのさまざまな後押しをしていきます。

企業同士がタッグを組むことで未来が変わる

そのあとは引き続き、3人によるトークセッション。

「多くの企業が社会課題の解決や、今は実現していない本来あるべき姿を理念に謳うにもかかわらず、それがなかなか事業化しないのは、おそらく1社が単独で行おうとするから。今回のCSW事業で目指すように、企業同士がタッグを組み、社会企業家やベンチャー、NPOなどを巻き込んでいけたら、きっと社会課題解決型事業が実現するはず」と戸田氏。

「未来とは『予測』。人間のもつ想像力を駆使し、良い予測を立て、時間が掛かっても実行していく、この思いが希望の未来につながるのではないか。われわれが生きてきた時間で培ってきたものすべてをぶつけて、CSW事業を必ず形にしたい」と亀石氏。

そして伊勢谷氏は「企業が環境を維持させるために存在することが、未来の企業価値をどんどん高めるはず。だから僕は企業人として自信とプライド、そして責任をもって、このCSW事業に取り組んでいく」とそれぞれが熱い思いを語りました。

 

その後、質疑応答を経て平井社長から締めの挨拶がありました。

「われわれは決して慈善事業として行おうとしているわけではなく、あくまでもビジネスとしてこれを継続したい。そろそろ企業としても、われわれは青臭いことを堂々と語っていかなければならないのではないか。こんな思いで、今回の共同プロジェクトに至っています」と、このプロジェクトに懸ける思いを語りました。

 

そして最後のフォトセッションでは、平井社長と伊勢谷氏が肩を組み、その後がっちりと固い握手を交わしました。

最初から最後まで、溢れんばかりの情熱とロマンを感じさせたこのCSW事業発表会。今後展開されるプロジェクト、そこで生まれるイノベーションが、いまからとても楽しみです。

ご利用案内

月別アーカイブ

カテゴリーアーカイブ