イベントレポート詳細

asobi基地 特別講義編~小学生から青年にまで繋がる「自立」の力を蓄えるために、今できること~(7/9開催)

ワークショップ 

Pocket

詳細 小学生の「遊び」不足と言われる現代。
もっと小学生に遊んでもらいたいと考えたasobi基地が今回の企画を考えました。asobi基地では通常0〜6歳の未就学児の親子の参加が多いため、今回は5歳以上の親子限定とし、親子で分かれてのワークショップを実施。
スピーカー

■講師

よしおか ゆうみ 氏
マインドパワー&ハッピーマジック 主宰
ファミリー心理カウンセラー/教育・子育てアドバイザー
一般社団法人アジアジュニアゴルフ協会
思春期アスリートメンタルスクール主宰・講師
任意団体 「asobi基地」顧問
日時 2016/07/09 10:00〜12:00
会場 イトーキ東京イノベーションセンター SYNQA 1F

このイベントでは、親と子が別れて講義やワークショップをおこないました。

1FのWORK CAFEでは親が、よしおか氏の講義を聞き学びます。

講義の内容としては、

  • ・グローバルな時代に必要な「新しい能力」とは何か?
  • ・世界から見た日本の教育と学級・学校集団に起きている変化
  • ・生涯にわたる発達課題の捉え方と個人的能力の違い
  • ・不登校、ひきこもり、鬱、などが他人事ではないことと
  • ・子どもとの対話、伝え方により想像力に雲泥の差がつくなど。

当日参加していた小学校教諭や台湾に住んでいる母親からも小学校現場の話も交えながら、講義を進めていきました。

講義の最後には、参加者が感想をシェアする時間も。

普段、こどもと一緒のことが多い親たちは、少しだけこどもと離れて、じっくりと学ぶことができたようです。

一方、2Fセミナールームでは、こどもたちだけの時間。

くじ引きで赤・黄色・青・緑の4チームに分かれ、チームごとに自己紹介&アイスブレイクの「風船ゲーム」を行うと、こどもたちはすぐに仲良くなります。

自己紹介のあとは、「夏」をテーマにした工作タイム。

かき氷やひまわり、金魚すくいなど、それぞれが考える夏に関わる作品ができ、チームごとに発表を行いました。

最後は、「asobi基地」では珍しい親子別々の記念撮影。

「遊び」を通して得られる「学び」は、いつでもどこにでもたくさんあります。



<一覧へ戻る

ご利用案内

イベントレポート一覧