イベントレポート詳細

第2回フレーム&ワークモジュールカンファレンス【前編&後編】(1/16・2/23開催)

セミナー 

詳細 2017年1月・2月の2回にわたり、「働き方改革」・「AI時代の人材育成&一億総活躍社会実現」をテーマとしたカンファレンスを開催しました。
開催要項 2/23 第2回フレーム&ワークモジュールカンファレンス【後編】  >>
スピーカー

■前編・後編:講師

伊藤 禎則(イトウ サダノリ)
経済産業省 大臣官房参事官(経済産業政策局担当)兼 産業人材政策室長

■前編:講師

太田 肇(オオタ ハジメ)
同志社大学 / 政策学部 教授
同大学院総合政策科学研究科 教授

■後編:講師

岩崎 哲夫(イワサキ テツオ)
株式会社IIOSS 取締役 創業者
入山 章栄(イリヤマ アキエ)
早稲田大学大学院(ビジネススクール) 経営管理研究科 准教授

■前編・後編:講師&モデレータ

田原 祐子氏(タハラ ユウコ)
株式会社ベーシック / 代表取締役
一般社団法人フレームワーク普及促進協会 / 代表
国際公認経営コンサルティング協議会認定CMC
全日本能率連盟認定マスター・マネジメント・コンサルタント
日時 2017年1月16日(月)13:20〜16:30<br>2017年2月23日(木)13:00〜16:40
会場 イトーキ東京イノベーションセンターSYNQA 1F

活動報告

各日とも定員をオーバーする申し込みがありました。

先進国で最も生産性の低い日本。

その根本問題はどこにあるのか。

「どのように仕事をしているかが他人から見えない」「出来る人はこなしてもこなしても仕事が寄せられていく」。

問題の本質を突きながら「仕事を見える化する」ことの重要性、本当の意味の働き方改革について語られました。

伊藤氏は、働き方改革は経済改革における最大のチャレンジであり、そのためには、「職務の明確化」がポイントであり、フレーム&ワークモジュール®で推進している「見える化・モジュール化」は、まさに方向性が合致しているとコメント。

また、AIが導入されていく今後、人材育成や教育はどうあるべきかや、副業を含む柔軟な働き方についてもお話いただきました。

伊藤氏[写真]

伊藤氏:政府の目指す働き方改革を分かりやすく解説

太田氏は、企業の抱える問題を根本的に解決するには、まず、“個人の分化”が必要不可欠であること。

個人の分化が進めば、生産性や競争力も上がり、モチベーションがアップし、組織は大きく変わっていくそうです。

太田氏[写真]

太田氏:分化で変わる、組織と働き方について話されました

岩崎・入山の両氏は、世界標準を取り入れた働き方改革の考え方について、ご自身の経験を踏まえて、解説くださいました。

岩崎氏は、日本は、このままでは世界はおろか、アジアの国々にも遅れを取ってしまうため、新しい取り組みや経営に対する考え方の必要性を説明。

また、グローバルな人々がともに働くためには、共通言語として、フレーム&ワークモジュールのメソドロジーが有効だとコメントされました。

今話題の「働き方改革」をキーワードに、「何をどうしたら良いか」「本当の意味の働き方改革とは」を皆さん熱心に聞き入っていらっしゃいました。

「残業を禁止するだけでは問題は解決しない」という言葉に説得力がありました。

岩崎氏[写真]

岩崎氏:ご自身の経験に基づき、日本が生産性を上げるための視点について話されました

入山氏は、イノベーション(経済発展の一因のしての技術革新)について、アップル社などの事例をまじえて紹介。

また、ダイバーシティは、「新しい知と知の組み合せ」から起こるとし、そのために、ダイバーシティが必要であると解説。

参加者も大きくうなずいていました。

入山氏[写真]

入山氏:ご自身の経験に基づき、日本が生産性を上げるための視点について話されました

質疑応答も活発に交わされ、参加者の関心の深さがうかがえました。

今回のカンファレンスを主宰した一般社団法人フレームワーク普及促進協会 代表理事の田原氏からは、一億総活躍を実現するための重要なポイントとして、「労働時間削減と生産性向上の両立」、「同一労働同一賃金」、「ダイバーシティ」を実現するたの、一つのベーシックな手法として、「見える化」「モジュール化」「フレーム化」について、実例を紹介しながら説明。

田原氏[写真]

田原氏:今回のカンファレンスの主宰

セミナー終了後は希望者にSYNQA3Fのオフィスをご見学いただきました。

講師の方々もご見学。イトーキの考える「明日のオフィス」について理解を深めていただきました。「個人の気持ち」と向き合うポイントは、いずれの方にも好評でした。



<一覧へ戻る

ご利用案内

イベントレポート一覧